ページトップへ

よくある質問Q&A

Q14.マンションの収納リフォームのポイントは?

知ってスッキリ!収納のツボ

あらゆる部位のリフォームに収納問題

「限られたスペースを少しでも広く快適に住みたい」。マンションリフォームはつねに、収納をどうするかという課題を抱えています。マンションのどの部位をリフォームするにしても収納はかならずついて回ります。かといって収納スペースが多ければ、居住空間は減るわけですから、居住スペースと収納スペースのバランスが非常に大切になってきます。

「取り出しやすくした」収納・「しまい込む」収納

毎日の暮らしにおいて大切なのは「取り出しやすい」収納です。手を伸ばせばそこにある。欲しいものが欲しい時にさっと取り出せる。あわただしい毎日では「取り出しやすくした」収納は欠かせません。一方で季節的なもの(扇風機やストーブなど)はシーズンが終わると必要なくなりますから「しまい込む」収納で問題ありません。ただしなんでも放り込んでおけばいい「いらないもの置場」にするのではなく、最低限の通路は確保しておくことが大切です。

個室に収納するか、共通スペースに収納するか

個人の物か家族の物かなど物によって収納場所が違います。収納する物を見極めてそれぞれにふさわしい収納スペースを設けましょう。

個室に収納

≪壁面クローゼット≫

個人の衣料、小物、書籍などは個室に壁面クローゼットを造ります。棚などを効果的に配して何がどこにあるか一目でわかるようにし取り出しやすいクローゼットにするとよいでしょう。

≪ウォークインクローゼット≫

衣類が多いなどの場合、スペースがあればウォークインクローゼットにすれば、容量もたっぷりで整理整頓もつきやすくなります。

共通スペースに収納

≪廊下の壁を収納部に≫

家族みんなで使うものは廊下の壁をリフォームして収納スペースをつくれば、居住スペースを広げることができます。子供に読ませたい本などここに置けば、子供の手が自然にのびることも期待できます。

≪間仕切り収納≫

造り付けの収納ではなく「間仕切り収納」にすれば、間仕切り効果と収納効果の二役を狙えます。リビングとダイニングの中間に置いたり、1部屋を2人の子供部屋にする場合などに重宝です。

よくある質問Q&A

トピックス