ページトップへ

断熱リフォーム

断熱リフォーム

家中のなかで一番熱の出入りの多い開口部=窓。古い窓を現在の性能の高いアルミサッシに替えることができればもちろん理想的ですが、大がかりな工事になりますし、マンションでは共有部分になるので替えることがことができません。

しかし、お手軽に性能を上げることができる方法もあります!!

【ガラスとサッシの種類による断熱性能】

【二重いいことづくめ】窓って

①省エネ

窓辺は外気に影響されやすく、外気温が下がると室内側の空気が冷やされて結露が起こります。
内窓を取付ければ、窓の断熱性がアップして、結露の発生を抑えることができます。

②結露抑制

窓が二重になり気密性が向上。空気が出入りするすき間が少なくなることで、外から入る音を低減し、同時に、室内音が近隣に漏れるのも抑えることができます。

③防音・防犯

窓が二重になり気密性が向上。空気が出入りするすき間が少なくなることで、外から入る音を低減し、同時に、室内音が近隣に漏れるのも抑えることができます。

泥棒が狙うのは、簡単に破れそうな窓。二重窓にすることで侵入に手こずる窓になり、防犯面での安心効果が期待できます。

④お手軽取付

大がかりな工事の必要がないため、施工コストを抑えながら、大きな快適効果を得ることができます。

⑤どこでも取付

居室はもちろん浴室や出入口などにも。場所を選ばず取付けられます。

●インナーサッシの施工事例