ページトップへ

リフォームQ&A

Q&A

Q1. マンションのリフォームできる範囲知ってますか?

A. マンションには「専有部分」「共用部分」があり、「専有部分」は所有者戸別の持ち分なので

  リフォームすることができます。「共用部分」とは、専有部分を除くすべての場所(廊下・階段・

  エレベータ・玄関ホールなど)を指しています。

  原則として「専有部分」は区分所有者が自由にリフォームしていいわけですが、ひとつの建物を

  大勢で使うマンションでは、快適な暮らしを確保するために管理組合によるルール(管理規約)

  も設けられています。リフォームに当たってはこの規約を遵守しなければなりません。

 

Q2. バルコニー・窓サッシ・玄関ドア・パイプシャフトは専有部分でしょうか?

A. 一見専有部分だと思われる場所ですが、実は全て「専有」ではありません。

  リフォームにあたってはご注意ください。

【バルコニー】

 住まいの一部として毎日のように使っているため「専有部分」と思いがちですが、マンションの場合、

 バルコニーはマンション住人の万一のときの緊急避難通路の役割があり、自由にリフォームすることが

 できません。例えば物置の設置は避難通路の障壁となるためバルコニーに置くことを制限しているマンション

 もあります。

【窓サッシ】

 建物の外観の統一性を維持するため、サッシを丸ごと取り変えることは禁止しているマンションが一般的です。

【玄関ドア】

 これも統一性を持たせるために、勝手に交換することができません。ドアの内側の塗装リフォームは

 可能なケースが多いようです。

【パイプシャフト】

 各戸にガスを供給しているガス管、水道管・配水管は共用部分です。

 そこから室内に引き込むための枝管は専有部分です。

 

 ※バルコニーやサッシ、玄関ドアは「専有」部分ではなくて共用部分です。

  「専用」使用権が認められている部位というわけです。

 

 

 Q3.マンションリフォームにおいて、管理組合の管理規約とはご存知ですか?

A.マンションを購入した人は、所有者で構成する「管理組合」の組合員になります。管理組合でつくられ、所有者

 (入居者)が守らなければならないルールが「管理規定」です。リフォームするに当たっては、どこまでのリフォーム

 が可能なのか、この管理規約を確認しておくことが重要です。

 また、工事に当たっては殆どのマンションがリフォーム工事届を提出必要があり管理組合の承認を得なければなり

 ません。その場合はリフォーム工事届とともにリフォーム計画の図面などの提出が必要です。

【管理規約の一般的内容】

 管理規約はマンションそれぞれに異なりますが、ほぼ共通するリフォームに関する規約には次のようなものがあります。

 ■床仕上げ材の規程

 マンション内でトラブルになりやすいのが「音害」。上下階の音の問題です。畳をフローリングにする、カーペットを違う材質のものにリフォームする場合はご注意ください。また、マンションよっては、使用できる床材を規定しているところもあります。フローリングリフォームによる「音害」については、「床・フローリングのリフォーム」の項に詳述してありますのでご覧ください。

  ■電気・ガスの容量規定

 設備機器を増やすと、電気やガスの使用量が増え容量不足が起こる場合がありますが、電気・ガスの容量にも規程がある場合もあります。 ※具体的にIHやオール電化に対応可能か?説明が必要。

 ■搬入経路の規程

 リフォームに使う工事機材や機器の搬入、廃材の搬出に当たっての規程です。エレベータが使えるのか。その際はどのような養生が必要なのか。通路(共用廊下)の使用についてもルールのある場合があります。

  ■工事時間の規程

 工事で発生する騒音や職人の出入りで、近隣に迷惑をかけることがあるのもマンションリフォームでは避けられません。工事が可能な時間帯や工事禁止の曜日などの規程があります。これらを守ってリフォームを進めることが、入居後の近隣関係を良好なものにすることにつながります。

Q4.マンションリフォームをどこに頼めばいいですか?

A.リフォーム業者にはさまざまなタイプの会社があります。マンションリフォームに特化している業者、

 戸建住宅リフォームに経験が多い業者、水回りに強い業者などがあります。こうしたリフォーム専業業者のほかに

 も、住宅メーカーのリフォーム部門もあります。

 マンションの場合は、戸建ほどリフォームの自由が利かず戸建住宅リフォーム業者では実力を発揮できない場合もある

 ようです。とくにマンションリフォームの場合、マンションの管理規約で制限を受ける場合があります。リフォームに

 当たっては、マンションリフォームに経験豊富な業者を選ぶのが無難なようです。

 こうしたことを考慮に入れ、工事別に業者を選ぶ基準としては、次のポイントを押さえておくといいでしょう。

 ・原状回復リフォームなら内装専業業者

 ・水回りリフォームならキッチンや浴室・バスが得意な業者

 ・間取りを変えるには専門知識と提案力のある業者

 

【業者選びのポイント】

 リフォーム業者選びに、新聞折り込みやポスティングされたチラシは大きな情報源です。また、リフォームの戸別

 訪問を受けることもあります。そういう場合は、業者の工事の実績や工事のクオリティをしっかり確認することが

 欠かせません。またその確認が得られる業者を選ぶようにしましょう。あとあと欠陥工事や金銭上のトラブル

 を生まないためにも大切にしたいポイントです。