ページトップへ

フォトギャラリー

  • 新築
  • 新築注文住宅

「とんとんからりの家」

兵庫県芦屋市

平成26年度「ひょうご木の匠 木の住まい」コンクール 佳作 受賞

(兵庫県木材業協同組合連合会長賞)


玄関扉をトントン、カラリとあける、ご近所さんの井戸端会議や近所の子供たちが遊びにこれる、
気兼ねのない場として和室を設けた家。
ゼロ・エネルギー住宅・地域型住宅ブランド化事業・長期優良住宅としても認定されました。
命の大切さ、尊さを身を以て感じることができる菜園を設けています。

 

  • 玄関に一歩入れば、玄関土間とつながった和室が広がります。
    急なお客さんや荷物の仮置きに便利で、玄関の広がり感も演出しました。
  • 「とんとんからりの家」と名付けた由来は、
    ご近所さんの井戸端会議や近所の子供たちが遊びにこれる、
    気兼ねのない場として和室を設けた家ということです。
    玄関扉をトントン、カラリと開ける様を表しています。「回覧板ですよ」「醤油貸してよ」良き時代の原風景の再現です。
    正面のファサードも木の家らしさを表現するため格子を設け、玄関には無垢柱を立てました。
  • リビングの上り天井と可動間仕切りによって、空間の開放性を高めました。
    夏は可動間仕切りを開放し、広さと風の通りをつくり、冬は熱効率を上げるため間仕切りで区切り、その向こうに灯す明かりで暖かさを演出しました。
    また、LDKと子供部屋は天井にある明かり取りでつながっており、子供の声や気配を感じ取ることができます。夏には明かり取り窓を開けることで、風の通り道にもなります。
  • 外断熱工法、外部サッシは樹脂トリプルガラスを採用。
    また、エネファームと太陽光ダブル発電で、省エネ住宅としての効果が絶大に上がりました。
    そして、小さな緑化を楽しく学べる菜園を設けました。
    子供たちには土づくりからはじめ、時間と手間を掛けて野菜を育て、収穫という楽しみを体感させるためです。
    命の大切さ、尊さを身を以て感じるてもらうためでもあります。
    この家も木の家であり、生命を頂いて暮らしていることを再認識してもらい、人と家が共に成長し風格を出していくための 家なのです。